入社式 


  (平成30年度)
    毎年、新年度の初日に新入社員を迎え入社式を行っています。
   平成30年度の入社式は桜の花がほころびはじめる中、弊社の西棟1階にて、
   新入社員2名の紹介に始まり、吉田社長挨拶、新入社員決意表明、辞令交付、
   先輩社員の挨拶、橋口会長から閉会の挨拶の順で行われました。
    入社式後は、式場内及び社屋前で恒例の記念撮影を行いました。

 

 

吉田社長挨拶
 
 美馬君、森田君ご入社おめでとうございます。今日から社会人の一員として
責任と自覚を持ちつつ、当社の重要な人材そして大きく成長されることを心から
願っております。
 ①どんな仕事でも付加価値を見出せるよう取り組んでいただきたい。
 ②プロの技術者を目指す(成果への責任で仕事を行う)
 ③壁に直面したときに、乗り越えるよう努力する
 この3点を心において皆さんには、一日一日を大切に一生懸命仕事に取り組んで
いただき、一人前の技術者として活躍していただけることを楽しみにしております。
 

 
美馬 智久さん
(技術3部技術1課配属)
森田 大智さん
(技術2部技術2課配属)

 

『大変なときこそ一致団結できる環境』
 
 構営技術コンサルタントは大きな仕事や多数の仕事が集中している時も、1人に仕事を押し付けることはなく、23人と増えていきやがて多くの人がその仕事に関わっていきます。そのため、一人で仕事をするのではなくみんなで仕事をしていけることが構営技術コンサルタントの魅力の一つだと考えております。
  新入社員のお二人も不安な気持ちもあるかとは思いますが、分からないこと、困ったことがあれば上司、先輩、誰にでも相談してみて下さい。皆さん優しく、親しみやすい方ばかりです。きっと力になってくれることでしょう。

技術1部技術2課 岩﨑 裕樹
(入社3年目)

 『積極的にコミュニケーションをとりましょう』
 
 当社では5月の社員旅行、7月のレクリエーションなどを初め、年間を通して様々な行事がたくさんあります。そして行事のほかにも野球部やバスケットボール同好会また、社内ゴルフなどのスポーツにも取り組んでいます。
 私たちの仕事は一つの成果を作るにあたり、営業があり、業務管理課があり、地質や測量などの調査があり、設計があり、一つの成果品を作っていきます。そのため成果を作るにあたり大事になってくるのが他部署間でのチームワークだと私は思っています。なので、お二人もそういった場を利用し、いろんなことを知れるチャンスと思って積極的に他部署の方とも会話をして早く会社になじんでいただくようお願いしたいです。

技術2部技術2課 弘瀨 龍
(入社5年目)
 

 

 

『いつでも何でも相談してください』
 
 これから、みなさんは新入社員研修を経て、実務に携わることとなります。時には、先輩や上司に厳しく指導されることもあると思います。しかしながら、それらはあくまで自分達のことを思って言って下さっているということを心に留め、真摯に受け取っていただきたいと思います。
 またこれから先、困ることもあると思います。そんな時は、同期入社の仲間に相談するのも良いでしょうし、直属の先輩・上司に限らず、他部署の先輩達に相談するのも良いと思います。みんな優しく助けてくれると思います。構営技術コンサルタントはそんな会社です。

技術2部技術1課 平田 竜司
(入社4年目)

 

閉会の挨拶  (橋口会長)
 
 一人前の技術者になるには10年かかります。私の経験上でもありますが、5年たって、
やっと仕事のやりがいや楽しさが感じられるようになってくる思います。その間の5年
をしっかりモチベーションを高くして、どんな仕事に対しても自分できちんと位置付けを
して、時間を過ごしていくことが大事ではないかと思います。
 これから先の業務では、実務を勉強をしながら、実際に体験し覚えていくことになるか
と思います。社会人として当社で働いていくんだという覚悟を持っていただき自分の目標
を達成するために努力を惜しまずに頑張ってくれると信じています。

 
入社式の様子
美馬さんと森田さん
辞令交付
記念撮影
弊社玄関にて

 

社屋前での記念撮影

LinkIcon前のページへ

|1|2|3|4|