~測量・地質調査・設計の総力で勝負できる会社~



土居 範昭

技術3部 技術2課 主任
2011年入社
出身:高知大学理学部理学科
資格:技術士補(応用理学部門)
   地質調査技士




 就職活動中会社訪問させていただいた時に、社長や専務から会社について説明を受け、仕事に対する情熱を感じました。また地元高知で、自分の今まで学んできたことが活かせる会社だと思ったことが大きな理由です。




 会社では、構造物を造る上で欠かせない基礎資料となる地質調査を主に担当しています。具体的には、地盤構造や地盤特性を調査するために、現地踏査や、ボーリング調査、各種土質試験を行い、得られた結果から、総合的に調査地の地盤状況を検討するといった流れです。さらに、最近では地下水に関する仕事も多く、地下水の水質や、水位を調べ、現状の把握や、工事の影響の有無といった地下水環境に関する評価を行なっています。




 私達の仕事は、一人で成し遂げることはできないと思います。ゆえに、仕事に携わる人、全員が一つの目標に向かって努力する。その上で仕事を完遂できたときには、やりがいや満足感、達成感を感じることができます。さらに、私達の仕事は、『災害から人を守る』という面においても、社会貢献度の大きい仕事だと思います。




 当社の魅力は社員全員が一体となって仕事に取り組むことで、総合力で勝負出来る会社だということです。測量→地質調査→設計と社内で構造物の設計に関する一連の作業が行なえ、それにより、あらゆることにレスポンスよく動けるのは、大変な強みと感じています。




 就職活動中は、何が良くて、何が悪いかわからなくなることが多々あると思います。ですが、自分と向き合い、自分に正直になって、就職活動に取り組むことで、自分にあった会社と巡り合うことができると思います。ですので、焦らずじっくり頑張ってください。