~行事・仕事に対する全社員の熱さと、

             仕事は仕事、休息するときは休息する社風~

谷末 晃

技術2部 技術1課 技師
2012年入社
出身:近畿測量専門学校情報測量学科
資格:測量士補




 高知県での防災関連、まちづくり等地域に貢献できる仕事がしたい。
その時は、大阪で測量の専門学校にいましたので、企業を地元の高知で探していた時に、説明会に来てくださったのが構営技術コンサルタントの方でした。
遠路はるばる会社説明に来られたので驚きましたが、その行動力と熱意がすごいなと感じました。
企業の概要、行事、経営方針など聞いていくうちに、地元の企業であり地域に貢献できると思ったのと、建設コンサルタント関連に志望したいと考えていたので、構営技術コンサルタントを志望いたしました。




 私は、測量という仕事をしています。
よく道でカメラのような機械で何かを測っている人です。
主に、測量は実際に機器や直接測定した距離や角度を使って現地を点で表し、それを結線することで図面が作成されていきます。
図面には、平面図、縦横断、用地など様々な図面があります。
これらの図面が計画を行う各部署に送られて、道路、橋、砂防えん堤などの設計が行われます。
ここで、図面の数値やデータが違うと精確な設計ができないので、測定してきた数値やデータの取り扱いには慎重になります。




 私の思う測量での仕事のやりがいとは、現場で測定したデータや数値を図面として見たときに、何日もかけて測定した達成感があると思います。
まだまだ、覚えることがたくさんありますが、次の作業時に覚えたことが実践できたときは、できた実感があります。




 私が思う構営技術コンサルタントの魅力は、行事の熱さだと思います。
構営技術コンサルタントでは、歓迎会、ソフトボール大会、野球、社員旅行など、仕事は仕事、休息するときは休息するといった方針です。
早く仕事が終わるようになれば余裕をもって参加できると思います。
そのためには、普段からわからないことを少なくしておくことが重要だと思います。




 いろいろなことに挑戦して、自分のやりたいこと、夢を持ったら良いと思いますので、逆境に負けずに、頑張ってください。