• HOME
  • >
  • 社外活動
  • >


土木未修学社員等のための土木工学入門教室に参加しました

 
 平成30年の 5月~ 12月にかけて、全 12回にわたる「土木未修学社員等のための土木工学入門教室」に技術2部技術1課の鍵山、川北と技術3部技術1課の入交、美馬が参加しました。
 
 内容として、土質力学・コンクリート工学・水理学・構造物設計・構造力学等々、土木の基礎となる学問について講習・課題を通して学びました。
 私自身、土木に関して勉強不足だったため、このような学ぶ機会を設けて頂くことは大変ありがたいことでした。今後、今回の講習で学んだことを活かし、発展させて業務に役立てて行けるように精進していきます。
(技術2部技術1課 鍵山 紘康)

教室のようす

真剣な表情です

グループで話し合い

最後に発表を行いました


2018/12/18

高知高専生のための「進路研究セミナー」に参加しました

 
 平成 3012 8日(土)高知高専第二体育館 にて「進路研究セミナー」 参加企業 150社)が行われ、当社より採用担当の古谷部長、峯川係長と高知高専卒業生の永岩主任の 3名が参加しました。
  沢山の企業や学生の皆さんが参加しており、当社ブースも複数の学生さんに来ていただき、大変有意義なセミナーとなりました。本セミナーを運営して頂いた皆様、誠にありがとうございました。
 今後も説明会等に参加しますので、気になる方は、採用情報をご覧ください。
 

たくさんの学生の皆さん

会場の様子

採用担当の峯川係長

当社ブースの様子


2018/12/11

「花いっぱい運動」に参加しました

 
 12月2日(日)、高知市浦戸の桂浜花街道(県道14号春野赤岡線)で開催された花いっぱい運動に当社から弘瀨と里田が参加しました。
 
 花いっぱい運動は桂浜を訪れる方々を美しい花々でおもてなしするとともに桂浜花街道を県内外に広くアピールすることを目的とした運動で、毎年12月に高知県土木部道路課が開催しており、今回で10回目になります。
 今年は約80人が参加し、歩道脇花壇のパンジー約1,600苗の植え替えを行いました。
 今回花いっぱい運動に参加したことで、改めて桂浜花街道の美しさを感じることができました。この美しい花々が咲く海辺の景色をより多くの方に楽しんでもらいたいと思います。
 (技術3部 技術2課 里田 守)

植え替えの様子

技術2部の弘瀨さん

技術3部の里田さん

パンジーがとても綺麗です


2018/12/05

遊ぼう『アジロ山』自然体験に参加しました

 
 11月 18日(日)、高知市朝倉己のアジロ自然の森にて、(一社)建設コンサルタンツ協会四国支部高知県部会主催にて『アジロ山自然体験』が行われ、当社より吉田社長・長谷部調査役・峯川係長が参加しました。
 
 本行事は、将来を担う地域の子供さんたちに自然と触れ合いながら自然環境の素晴らしさと大切さを学んでいただくために毎年行っており、今年で 6回目の開催となりました。
 沢山の子供たちに参加していただき、森の散策やノコギリ体験等、自然を満喫してもらい、お昼には町内会の方々手作りの美味しい豚汁を食べて、みんな満足してくれていました。
 ご協力いただきました、アジロ山の自然と環境を守る会の方や高知市教育委員会及び地元町内会の方々に御礼申し上げます。
 (総務部総務課 峯川 裕次郎)

アスレチックで遊ぶ子供たち

鳥の巣箱を作っています

町内会の方々

自然の中で豚汁を堪能


2018/11/19

西日本豪雨災害調査報告会に参加しました

 
 11月 17日(土)、高知工業高等専門学校にて西日本豪雨災害調査報告会が行われ、当社より技術3部技術2課の下郡主任が参加しました。
 
 本報告会は、平成 307月に発生した西日本豪雨災害の被災地(広島・山口)で実施された調査の報告会です。土石流や河川災害の被災状況を豊富な写真を交えながら分かりやすくご報告いただきました。今後も発生する豪雨災害に対して、業務を通じて被害の防止と早期復旧に貢献できるよう、今後も精進していきたいと思います。
 (技術3部技術2課 下郡 裕之)

報告会の様子

報告会の様子

報告会の様子

報告会の様子


2018/11/21

構築工学定期戦を行いました

 
 11月10日(土)に夜須運動広場にて、当社野球部と高知大学農学部との定期戦『構築工学定期戦』が行われました。
 構築工学定期戦は、高知大学農学部農業工学科の構築工学研究室との定期戦で、毎年2回開催しています。今年の春開催の試合では当社野球部の勝利となり、雪辱に燃える高知大学農学部は多くの学生が参加されていました。
 試合は、鍵山君のタイムリーヒットで先制するも、その後は高知大学農学部先発の篠先生の投球術に翻弄されチャンスすら作れない展開で進みました。当社先発の吉田社長も粘りの投球で踏ん張っていましたが、打線の援護なく2-4で敗戦となりました。
 試合後の祝勝・反省会では大学OBの方々も加わり、大学教授や研究生との交流を深めることができ、非常に楽しい1日を過ごすことができました!!
 次回開催は来年の春ですが、練習に励んで雪辱したいと思います。
 (営業部営業課 白井 大作)

はじまりました

さあ、行くぞ

魔球の篠先生

入交くん


2018/11/14

応用地質学会四国支部設立25周年記念シンポジウムに参加しました

 
 11月9日(金)、松山市ホテルマイステイズ松山にて応用地質学会中国四国支部設立 25 周年記念シンポジウムが行われ、当社より古谷・土居が参加しました。
 
 このシンポジウムでは弊社が平成24~27年の4年間、応用地質学会中四国支部の事務局を担当させて頂いたことが評価され、功労賞を頂きました。また、行事内の記念講演では「これからの応用地質」や「大学教育における技術者育成」といった土木業界の未来についての講演がなされ、興味深い講演を拝聴することができました。
 (技術3部技術2部 土居 範昭)

講演会の様子

功労賞の受賞

記念撮影の様子

記念品も頂きました


2018/11/14

高知高専生のための「県内企業研究会」に参加しました

 
 平成 30年11月06日(火)高知工業高等専門学校体育館 にて「県内企業研究会」が行われ、当社より採用担当の古谷部長と黒岩が参加しました。
 1年生から4年生まで沢山の学生さんが参加しており、当社ブースにもたくさんの学生さんが来ていただき、大変有意義な研究会となりました。本説明会を運営して頂いた皆様、誠にありがとうございました。
 12月8日(土)も高知工業高等専門学校で行われる説明会に参加しますので、ぜひお越しください。
 

4年生の学生さん

1年生も来てくれました

真剣な様子です

興味を持ってくれています


2018/11/06

高知県測量設計業協会主催「測量・地図学習会」を行いました

 
 10月9日(火)、測量の日の関連行事として『測量・地図学習会』を四万十町立田野々小学校で測量実習を開催しました。
 この測量実習は、小学生が測量体験することにより、測量や地図への理解を深めることを目的に行われました。
 指導員として、当社から、吉田社長、森崎課長、吉岡主任、谷末、弘瀬、森田の6名が努めました。

 今回の実習については、5年生(10名)を対象に伊能忠敬により用いられた測量方法『歩測』と歩測や機器を用いた『距離測定』を体験して頂きました。
 実習内容として、自分の歩幅で10歩の距離を巻尺で測定し、一歩あたりの歩幅を測定する歩測を行い、その後、各班の代表者がボールを投げ、到達地点までの歩数で測った歩幅の距離をかけて、投げた距離を各自測定しました。
 また、最新のTS測量機器と電子平板機器を用いて、到達地点までの距離を測定し歩測で求めた距離を比較しました。
 今回の『測量・地図学習会』は、実習をしている子供たちの様子をさんさんテレビとKUTVの取材があり、テレビカメラが体育館の中に入ると子供たちは緊張した様子でした。取材内容については、当日夕方の番組で放送されました。
 実習の最後に、高知県測量設計業協会の吉田理事より「今回の測量実習により、測量とはどういうことをしているのかを少しでも理解して頂けたかと思います。今後、皆さんが測量や地図に関することに少しでも興味を持ってくれることを期待しております。」と閉会の挨拶があり測量実習は終了しました。
(技術2部技術2課 森﨑 祥司)

会場の様子

測量実習の様子

歩測を体験中・・・

測量機器に興味津々です


2018/10/16

「老朽化モルタルのり面補修工法講習会」に参加しました

 
 平成 30912日(火)高知城ホールにて「老朽化モルタルのり面補修工法講習会」が開催され、当社から技術 21課中森部長・平田係長、吉村主任の 3名が参加しました。
 
 本講習会は、社会インフラの老朽化が進む中、近年多発する集中豪雨や地震によって道路のり面が崩壊するといった災害も発生しており、各種インフラ保全に対する維持管理の必要性が高まっている状況であることと多くのモルタル吹付のり面についても補修時期を迎えており、高度成長期に整備された斜面構造物においても老朽化が進み、今後の維持管理の必要性を改めて認識することができました。
 その中で、のり面補修技術となる「のリフレッシュ工法」の技術講習会に参加することで最新技術を知ることができました。
 今後の業務においても活用していきたいと思います。
(技術2部技術1課 吉村 雄治)

会場の様子

講習会の様子

講習会の様子

講習会の様子


2018/09/13

平成30年7月西日本豪雨災害(中国地方)調査報告会に参加しました

 
 平成30年7月に発生した西日本豪雨災害の高知県内における被災状況や、被災メカニズムについて速報会が行われたため、弊社より吉田社長、野並次長、野中係長、土居主任が出席しました。また、パネラーとして弊社の吉岡課長も参加しました。
 本研修会は平成30年7月豪雨の県内での被災状況についての速報会であり、ハード分野として各地域の河川・斜面災害の発生状況・メカニズムや、当時の気象条件など、ソフト分野として地域住民の避難行動実態などが報告されました。
 全国的に被害の大きかった災害であったため参加者も多く、テレビや新聞取材も行われており、社会的な注目度の高さがうかがえました。
 今回の研修で高知県内の被災状況は概ね把握できたため、今後の動向に注視していきたいと思います。
(技術3部技術1課 土居 範昭)

報告会の様子

報告会の様子

吉岡課長の発表

吉岡課長の発表


2018/09/13

四国山地砂防事務所より国土交通行政関係功労者事務所長表彰をいただきました

 
 国土交通省 四国地方整備局 四国山地砂防事務所より「平成30年度 国土交通行政関係功労者表彰」の決定があり、技術2部で実施した「平成28年度 大豊地区護岸外測量設計業務」が【優良業務】を受賞しました。また、当該業務の管理技術者を行った野並次長が【優秀建設技術者(業務)】を合わせて受賞しました。
 
 事務所では、災害対応等に多忙な中、伊藤事務所長にご対応いただき、表彰式が厳かな雰囲気のもと執り行われました。
 当該業務は、荒廃の著しい南大王川に設けられている南大王川第6堰堤右岸側において生じている変状について測量および地質調査を行い、変状要因の把握を行うとともに護岸工の検討・設計を行ったものでした。また、平成23年に発生した土石流により甚大な被害の生じた北川村平鍋地区で整備が進められている大谷川において山腹工・護岸工測量設計、土砂処理計画検討についても業務を執り行いました。
 今後も、このような表彰が頂けるように、社員一丸となって国土交通行政の一助となるような品質の高い成果品を提出するとともに、近年の異常気象に対して早急な地域住民の方の安全・安心が確保できるように効率的な防災施設整備に貢献するよう努めていきたいと思います。

(技術2部 野並 清人)

吉田社長

野並次長

野並次長,伊藤所長,吉田社長

事務所前で記念撮影

優良業務表彰状

優秀建設技術者表彰状


2018/08/03

土佐国道事務所より国土交通行政関係功労者事務所長表彰をいただきました

 
 7月25()、国土交通省 四国地方整備局 土佐国道事務所より「平成30年度 国土交通行政関係功労者表彰」の決定があり、技術2部で実施した「平成29年度 高知・佐川出張所管内防災測量設計業務」が【優良業務】を受賞しました。また、当該業務の管理技術者を行った中森部長が【優秀建設技術者(業務)】を合わせて受賞しました。
 例年であれば、盛大に表彰式典が実施されるところですが、今般の「平成307月豪雨」により管内自治体での被災箇所も多く、関係機関、関係業者の皆さんが賢明に復旧活動にご尽力頂いている現状を踏まえ、今年度の表彰式典の実施は見送ることとなりました。
 このため、今年度は、個別に事務所に伺い表彰状を受領することとなり、7月25日午後、吉田社長と中森部長が伺いました。
 
 事務所では、災害対応等に多忙な中、松﨑副所長(管理)、田中副所長(改築)、池本総務課長にご対応いただき、表彰式が厳かな雰囲気のもと執り行われました。
 当該業務は、土佐国道事務所管内のうち【高知・佐川国道維持出張所】で管理されている「国道32号・33号・56号の全155.1km」の中の防災施設について、第三者被害を防止することを目的として、要対策箇所毎の優先度を検討し、優先度の高い防災施設を選定、現地踏査や現地測量等の結果を踏まえた一般構造物設計・落石防護柵設計を行ったものでした。
 今後も、このような表彰が頂けるように、社員一丸となって国土交通行政の一助となるような品質の高い成果品を提出するとともに、道路利用者が安全で安心して通行出来るような道路ストックの維持修繕にも積極的に貢献できるよう努めていきたいと思います。

(技術2部 中森 育誌)

表彰状授与

吉田社長,松﨑副所長,中森部長

優良業務表彰状

優秀建設技術者表彰状


2018/07/26

「下水道管きょ更生工法設計(初級)実務実践研修会」に参加しました

 
 技術士事務所 技術マネジメント研究所主催の「下水道管きょ更生工法設計(初級)実務実践研修会」が7月5日~6日に開催され、弊社より永岩主任が参加しました。
 
 本研修会は、下水道管きょ更生工法設計における調査・計画・設計を実務レベルで研修会を実施し、下水道設計に携わる技術者の育成を目的として、西日本の建設コンサルタントから 6名が参加しました。
 本研修は、下水道管きょの現状を確認し、実際の業務を参考に下水道設計(管きょ更生工法)の流れや、設計計画の概要・設計計算等について演習を交えた講義が行われました。設計計算等ではグループ演習が行われ、他県の建設コンサルタントの方々と意見交換等を行うことができ、非常に有意義な研修会となりました。
  高知県においては、下水道管きょ更生の実務経験はまだありませんが、本研修会で学んだ技術を今後の業務に活かせるよう努めていきたいと思います。
(技術3部技術1課 永岩 拓馬)

2018/07/11

第59回 高知職場早起き軟式野球大会 2部1回戦 初戦敗退...

 
 高知市・高知市教育委員会・高知県軟式野球連盟・高知新聞社・ RKC高知放送が主催する「第 59回 高知職場早起き軟式野球大会」 21回戦が 625日(月)高知市東部球場で行われました。
1回戦の相手は高知市役所さんで、非常に若いメンバーが中心の強豪でした。先発投手はエース吉田君、 4回から抑え中森君が登板しましたが、相手チームの勢いを抑えることができず、また、味方のエラーも多く失点に絡み、大量 15失点を喫する結果となりました。
3回に中森君と白井君、 5回に橋本君のタイムリーで 4点を返しましたが、それ以外は相手投手に抑え込まれ、結果は 415で敗れ、初戦敗退となりました。
今年からよさこいナイター、早起き野球ともに 2部での挑戦となりましたが、レベルの違いを実感する結果となりました。
今後の予定として、早起き野球敗者復活戦に参戦する予定です。また、 7月からはいの町軟式野球リーグに参戦します。全員で楽しく野球ができるよう、練習を積み重ねていきたいと思います!
 (野球部 永岩 拓馬)
 

手前が構営技術です

打った中森君

帰ってきた永岩君

期待の新星森田君


2018/06/27

「道路橋示方書改定に伴う設計計算例講習会」に参加しました

 
 平成 30622日(金)高松市「ホテルマリンパレスさぬき」にて「道路橋示方書改定に伴う設計計算例講習会」が開催され、当社から技術 21課の平田係長、吉村主任および技術 31課友田部長、藤田課長補佐、永岩主任の 5名が参加しました。
 
 本講習会は、平成 29721日に「橋、高架の道路等の技術基準」(道路橋示方書)が改定され、平成 3011日以降に新たに着手する設計から適用されることから、設計の考え方等がこれまでの方法と変わることを踏まえ、改定された道路橋示方書に基いて、実務レベルでの設計や照査が円滑に行えるよう、設計計算例の解説および留意点について講習していただきました。
 今後、改定された道路橋示方書の内容を理解し、適切な設計や照査に努めてまいりたいと改めて感じました。
(技術2部1課 吉村 雄治)

2018/06/27

構築工学定期戦を行いました

 
 6月2日(土)に針木運動公園グラウンドにて、当社野球部と高知大学農学部との定期戦『構築工学定期戦』が行われました。
 構築工学定期戦は、高知大学農学部農業工学科の構築工学研究室との定期戦で、当社の会長が大学時代に所属していた研究室という縁で始まり、毎年春と秋の2回行われ、今年で26年目となりました。高知大学農学部からは現役大学生やOBの方々が参加されました。
 試合は、白熱した試合となり、一進一退の攻防を続けていましたが、白井係長の2打席連続ホームランにより7-4で勝利しました。
 試合後には祝勝・反省会が行われ、大学教授や研究生、OBの方々との交流を深めることが出来ました!!
 秋にも定期戦を行えることを楽しみに、練習に励んでいきたいと思います。
(技術2部技術2課 森田 大智)
 

試合開始!

元気な篠名誉教授

10年ぶりに登板の古谷部長

祝勝・反省会


2018/06/06

平成30年度(公社)砂防学会定時総会並びに研究発表会「鳥取大会」に参加しました

 
 平成 30年度(公社)砂防学会定時総会並びに研究発表会「鳥取大会」が 516日(水)~ 518日(金)に鳥取県米子市末広町の米子コンベンションセンターにて開催され、弊社より水野部長・野並次長・吉岡課長・山本・川北の 5名が参加しました。
 
 今年度の研究発表会は、平成 28年熊本地震での流木による甚大な被害を受け、「砂防計画を行う上での流木の考え方」をテーマとした発表が多数ありました。砂防計画を行う上での指針が改定され、「砂防堰堤の流木捕捉」の考え方が変わったことから、今後、自身が砂防計画を行う上での参考となりました。
 また、「土砂流出」、「斜面崩壊」、「構造物」、「警戒避難体制」等に関する発表があり、貴重な情報を得ることができ、とても有意義な発表会となりました。
 意見交換会では大学の先生方や同業他社、各メーカーの方々と情報交流ができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。
 また、こういった会で有識者の方と討論ができるように、技術者として精進して参ります。
(技術1部技術1課 山本 拓郎) 
 

会場の看板

発表風景

発表風景

ポスター展示


2018/05/24

「廣井勇を顕彰する」シンポジウムに参加しました

 
 平成 30514日(月)サンピアセリーズにて「廣井勇を顕彰する」シンポジウムが開催され、当社から技術 11課野並課長・野中係長、技術 21課平田主任、技術 22課森崎課長、吉村主任の 5名が参加しました。
 
 本シンポジウムは、近代土木の先駆者となる廣井勇について、どのような人物でどのように日本の近代化に大きく貢献したのか顕彰するシンポジウムでした。
 講演内容では、出身地から幼少時代の話、また、アメリカへ留学の話など廣井勇の人生について細かく紹介して頂き、近代土木の発展に高知県出身の方でこれほどの偉人がいたことに驚かされました。また、人望も厚く努力家であることから土木技術者として尊敬する存在となりました。しかしながら、世間にほとんど知られていないことに残念でなりません。
 今後は、常に向上心を持ちこれからの土木発展に自分自身精進するとともに廣井勇という人物が世に広まることに貢献できれば幸いと思います。
(技術2部技術2課 吉村 雄治)
 

会場

シンポジウムの様子

シンポジウムの様子


2018/05/17

 平成30年度 第1回 高知県橋梁会研修会に参加しました

 
 平成 30423日(月)高知会館にて、公益社団法人土木学会四国支部、高知県橋梁会の平成 30年度 第 1回 高知県橋梁会研修会が開催され、当社からは、技術 1部技術 2課の田中主任・岩﨑の 2名が参加しました。
 
 研修会では、「土砂災害防止法に基づく基礎調査業務の外業支援システム(急傾斜対応)」、「最新の橋梁基礎における耐震補強技術」等が発表されました。
  基礎調査支援システムに関しては、私の部署が主に担当していることもあり、今後の作業の効率化、時間短縮等に大幅に役立つのではないかと思いました。これから本格的に業務が始まるため、支援システムの操作についてしっかりと学んで、業務に役立てていきたいと考えております。
  また、耐震補強技術に関しては、最新の耐震補強技術や様々な工法について学ぶことが出来ました。そのため、今後も設計に関する知識や土木の基礎的な知識についての理解を深めていきたいと思いました。
  本日学んだことを、業務に活かせるよう、日々勉強を重ねていきたいと考えております。
(技術1部技術2課 岩﨑 裕樹)
 

講習の様子

講習の様子

吉田社長閉会の挨拶


2018/04/26

高知新聞社主催「高知就職ガイダンスpart2」に参加しました

 
 
 平成 30421日(土)高知県民体育館 にて「高知就職ガイダンス part2(参加企業 26)が行われ、当社より採用担当の古谷部長・峯川の 2名が参加しました。
 沢山の学生さんが参加しており、当社ブースも複数の学生さんに来ていただき、大変有意義な説明会となりました。本説明会を運営して頂いた皆様、誠にありがとうございました。
 今後も説明会等に参加しますので、気になる方は 採用情報をご覧ください。
 

採用担当の古谷

採用担当の峯川

説明会の様子


2018/04/25

 

「高知県地質調査業協会技術講習会」に参加しました

 
 平成 30420日(金)高知県民文化ホールにて、高知県地質調査業協会・公益社団法人高知県土木施工管理技士会共催の高知県地質調査業協会技術講習会が開催され、当社からは、技術 3部技術 2課の土居主任・宮内・里田の 3名が参加しました。
 
 技術講習会では、地震での斜面災害・落石防護網および軽量盛土工法の新工法が紹介されました。
 地震での斜面災害では、宝永南海地震( 1707年)から熊本地震( 2016年)の主な地震を例に,地形・地質の観点からみた斜面災害および地すべりの影響を考察されており,非常に興味深い内容で勉強になりました。また、落石防護網・軽量盛土の新工法では,実験の様子や施工事例が分かりやすく説明されていました。
今後も新工法を用いた様々な対策工や新技術が開発されることから、講習会等に参加し,技術研鑽に努めて行きたいと思います。
(技術3部技術2課 宮内 秀雄)
 

会場のグリーンホール

会場の様子

講習会の様子

講習会の様子


2018/04/25

 

「法面の調査点検・補修・補強設計研修会」に参加しました

 
 技術マネジメント研究所主催の「法面の調査点検・補修・補強設計研修会」が4月12日(木)~13日(金)に岡山市で開催され、当社から下郡と里田が参加しました。
 本研修では法面で発生する災害についてや法面の調査・点検ポイント、法面の補修・補強設計等をテーマとした講義が2日間にわたって行われ、中四国各地の建設コンサルタント会社から30名程度が参加していました。
 私自身は地質担当者として法面の調査を行う機会はこれまでにも何度かあり、現地での調査方法や着目ポイントについては理解していましたが、設計についてはあまり理解できていない面があり、変状が発生している法面に対して「設計の観点から調査を行う」ということが十分ではありませんでした。同じ変状でも設計について考えながら調査を行うことで「見え方」が異なり、より設計で使いやすい調査結果を提供できると考えられるため、今後はこの研修で学んだことを活かし、設計の観点から調査を行うということを心がけていきます。
(技術3部技術2課 里田 守)
 

会場の岡山商工会議所

講師の上野将司氏

講義状況

グループ作業状況


2018/04/18

 

第7回 夜さこいナイター2部1回戦 今年も初戦敗退となりました

 
 高知県・高知市・高知県軟式野球連盟・高知新聞社が主催する「第 7回 夜さこい野球大会」 21回戦が 412日(木)高知市営球場で行われました。
 1回戦の相手は 20代メンバーが中心のチームでした。初戦の緊張からか、吉田君、永岩君、白井君の各投手の制球が定まらず、エラーも絡み 5回で大量 14失点と課題の残る内容となりました。
 攻撃でも、終盤まで相手投手からチャンスを掴むことが出来ず、最終回になり、新戦力の森田君、代打友田君のタイムリーなどで 5点を挙げましたが、時すでに遅し。結果は 514と、今年のよさこいナイターも初戦敗退となってしまいました。
 今年から新ユニフォームとなり、初戦突破を目指して気合十分でしたが、悔しい結果となってしましました。次の試合は早起き野球となりますが、少しでも良い試合ができるよう、練習を重ねていきたいと思います。
(技術2部技術2課 永岩 拓馬)
 

期待の新人森田君

打つ気満々!

活躍した森岡君

記念撮影


2018/04/17

 

高知新聞社主催「高知就職ガイダンスpart1に参加しました

 

 平成 30325日(日)高知市文化プラザかるぽーと にて「高知就職ガイダンス part1(参加企業 41)が行われ、当社より採用担当の古谷部長・峯川の 2名が参加しました。
 会場には多くの学生さんが参加しており、当社ブースにも沢山の学生さんに来ていただき、有意義な説明会となりました。本説明会を運営して頂いた皆様、誠にありがとうございました。
 今後も説明会等に参加しますので、気になる方は 採用情報をご覧ください。
 

採用担当の峯川

採用担当の古谷

話を聞きにきてくれました

会場の様子


2018/03/28

 

高知大学主催「学内合同企業説明会」に参加しました

 

 平成 3037日(水)高知大学朝倉キャンパスにて「学内合同企業説明会」 (参加企業 21)が行われ、当社より採用担当の古谷部長・峯川の 2名が参加しました。
 当社ブースにも沢山の学生さんに来ていただき、有意義な説明会となりました。本説明会を運営して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
 今後も説明会等に参加しますので、気になる方は 採用情報をご覧ください。

面談中の様子

会場の様子


2018/03/12

 

LinkIcon前のページへ

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|