第30期 中間社員総会を行いました

 平成28年5月17日(火)弊社の西棟1階会議室にて、第30期 中間社員総会を行いました。
 総会では組織・売上・教育訓練等の計画の発表、顧客満足度の向上・残業時間の削減についての取組み等の発表がありました。さらに、前期の振返りと期末の目標達成に向けての取組みも各部署・各個人から発表があり、期末に向けて各部署が協力・連携し取組んでいくことを確認しました。
 また、今年は30周年の節目の年を迎え、創立30周年記念行事も開催されることから全社員一丸となって行事を成功させ、印象に残る年になるよう取組んでいくことを決意しました。
<第30期 中間社員総会>
 1. 第30期前期の総括と期末に向けての方針及び経営理念 
 2. 第30期前期の評価・課題
 3. 第30期の期末に向けての取組み 
 4. 第30期前期部署別の振返り及び期末に向けての目標・具体的取組
 5. 第30期前期個人の振返り及び期末に向けての目標・具体的取組
 6. 辞令交付
 7. 永年勤続表彰
    勤続25年 ・執行役員技術1部部長    水野隆之
          ・技術2部次長        中森育誌
    勤続15年 ・総務部業務管理課課長補佐   島内恵子
          ・技術1部技術2課課長補佐   吉岡 恵

総括と方針を発表する橋口社長評価や課題を発表する古谷部長振返りと目標の発表(調査2課)辞令交付(上田次長)
閉会の挨拶(吉田専務)記念撮影水野・橋口・中森吉岡・橋口・島内

2016/05/18

平成28年度 入社式を行いました


  4月1日(金)、弊社西棟1階にて新入社員4名を迎え、平成28年度入社式を行いました。新入社員紹介、橋口社長挨拶、新入社員決意表明、辞令交付、先輩社員の挨拶、閉会の挨拶(吉田専務)の順で行われ、最後に式場内で恒例の記念写真を撮影しました。
 新入社員のみなさんは少し緊張した様子でしたが、先輩社員からの笑いを交えた歓迎の言葉などもあり、和やかな雰囲気の中、式が行われました。

<新入社員>
岩﨑 裕樹さん:徳島大学総合科学部総合理数学科(技術1部技術1課)
川北 真徳さん:高知工科大学環境理工学群環境科学専攻(技術1部技術1課)
手島  翼さん:岡山理科大学工学部機械システム工学科(技術2部技術2課)
吉岡 恵大さん:測量会社20年勤務(調査部調査2課)

入社式の写真はこちら

岩﨑 裕樹さん川北 真徳さん手島 翼さん吉岡 恵大さん

2016/04/04

技術士第二次試験に3名、RCCM資格試験に1名が合格しました


 平成28年3月1日(火)、当社から「技術士第二次試験」に3名、「RCCM資格試験」に1名が合格しました。吉岡係長、野中主任、白井主任が技術士に合格し、同じく野中主任がRCCMに合格しました。
 そして、平成28年3月7日(月)に、3名の表彰・祝金授与を行いました。
 3名は「周りの社員の方や家族のおかげで、資格に合格することができました。技術士を取得でき、やっとスタートラインに立ったと実感しています。これからはさらにステップアップを目指します。」と述べられました。

有資格者一覧へ

総合技術監理部門合格の吉岡係長建設部門・RCCM合格の野中主任建設部門合格の白井主任合格した3人で記念撮影

2016/03/07

1級土木施工管理技術検定試験に1名が合格しました

 平成28年1月25日(月)に、西棟1階にて「1級土木施工管理技術検定試験」に合格した藤岡さんの表彰・祝金授与を行いました。この資格は、国土交通省管轄の国家資格で、持っていないと専任技術者になれない資格です。
 藤岡さんは、「1級土木施工管理技術検定試験に合格できたので、今年からは技術士の資格取得を目指していきたいです。」と張り切っていました。

2016/01/25

技術士第一次試験に3名が合格しました

 平成27年12月18日(月)に、西棟1階にて「技術士第一次試験」に合格した3名の表彰・祝金授与を行いました。この資格は、将来技術士の資格を取るために必要な資格であり、技術士法に基づく国家資格でもあります。
 弊社からは、(右から)山﨑修太さん、山﨑祥悟さん、鍵山紘康さんの3名が合格しました。
 次は技術士を取得できるように、これから更に経験と知識を増やしていきたいと意気込んでいました。

2016/01/08

救命救急講習・避難訓練・消火訓練を行いました

 平成27年12月10日(木)に社屋にて救命救急講習、17日(木)には避難訓練、消火訓練を行いました。
 救命救急講習には中消防署の白石さんと森田さんに来ていただき、救命処置について講習を受けました。
 まず最初に、119番通報をして救急隊が到着するまでに、呼吸や心臓が止まった方に対して、心肺蘇生法を行うことが大事であるというお話を伺いました。その後、胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの使用例を教えていただき、実際に人形を使用して心肺蘇生法を習得しました。

講師の白石さん心肺蘇生法の大事さについて心肺蘇生法の練習AEDの使用方法

 平成27年12月17日(木)には、地震等における初動対応訓練と消化訓練を行いました。
 地震発生から、まず机の下に隠れて身を守り、揺れがおさまってから社屋に避難し、社員全員の無事を確認しました。その後は反省会も行われ、実際に地震などが起こった時に備えて、対応の速さと役割分担をもっと確実に行うようにすること等があげられました。
 消火訓練では、中消防署旭出張所の方に来ていただき、実際に消火器を使用して訓練を行いました。初めて使用する人が多い中、消火器の使用法などを知ることができ、充実した訓練になりました。

初動対応訓練のようす机の下に隠れています避難訓練のようす点呼中
負傷者の応急手当の方法ガスの元栓をチェック避難訓練のようす消火訓練のようす

2015/01/12

第8回 社員総会を開催しました

 会社の創立記念日である11月6日(金)に、「第8回 社員総会」を開催しました。
 午前中は社屋1階にてビデオ鑑賞をした後、午後から高知共済会館にて総会を行い、夕方からザ クラウンパレス新阪急高知でキックオフパーティが開催されました。
 社員総会ではまず、橋口社長と古谷部長より、第29期の総括と今後の方向性や第29期の評価・課題、それに引き続き、第30期の事業計画では重点目標に対しての具体的な取組み等が発表され、これに向けて社員一丸となって取組んでいくことを決意しました。
 その後は、部署別・個人別の振返りと目標の発表も行い、中にはプライベートの目標を発表する社員もおり、後半は笑いもあり和やかな雰囲気で進められました。
 最後は吉田専務からのあいさつで閉会となり、キックオフパーティのためザ クラウンパレス新阪急高知へと向かいました。

社員総会の写真はこちら

ビデオ鑑賞のようす社員総会のようす橋口社長から事業計画の発表部署ごとで個人目標を発表

技術1部      野並課長技術2部技術1課 中森課長技術2部技術2課 友田課長調査部調査1課  須内部長調査部調査2課  森﨑課長業務管理課   島内係長営業部営業課  上田課長


 夕方からは「第8回 キックオフパーティ」が開催され、食事をしつつ社員同士で交流を図ることができました。パーティの中盤では、第29期のMVP賞の発表と授賞式も行われました。今年の受賞者は4人と多かったこともあり、大いに盛り上がり、最後まで盛大な創立記念日となりました。

ビュッフェを楽しんでいますパーティのようすMVP賞の表彰式受賞者のみなさん

2015/11/10

砂防・急傾斜管理技術者試験に4名が合格しました

 平成27年9月7日(月)に、西棟1階にて「砂防・急傾斜管理技術者試験」に合格した4名の表彰・祝金授与を行いました。
 この試験は、近年、大規模土砂災害や深層崩壊災害が多く起こっている背景から、渓流や斜面及び対策施設等の土砂災害の危険性に関する確実な知識と豊富な経験などを有する砂防技術者を認定するため、平成27年度に創設されました。
 弊社からは、技術1部の水野部長、野並課長、吉岡係長、牛窓主任の4名が合格しました。

2015/09/10

「第11回 社内技術発表会」を開催しました

  平成27年9月4日(金)に、西棟1階にて「第11回 社内技術発表会」を開催しました。
 去年は台風等の災害業務に追われ、開催することができませんでしたが、今年は人数が多く14人の方が発表を行いました。
 テーマについては、大学時代の卒論や業務の基本知識・作業方法・提案、または業務表彰への取組みなどが発表されました。各自工夫を凝らしたプレゼンテーションで、最後には全社員からの投票により、最優秀賞1名、優秀賞2名が選ばれました。
 土佐市の海岸平野を例にした地下水の塩水化・淡水化リスクの評価及び予測を発表し、見事最優秀賞に輝いた調査部調査1課の土居範昭さんは「初受賞することができ、とても嬉しかったです。聞きやすいプレゼンを心がけて、文字を少なくし、図で分かりやすく説明できたことが今回の受賞に繋がったのかもしれません」と嬉しそうな表情を浮かべていました。

社内技術発表会の写真はこちら

技術発表会のようすプレゼンのようす最優秀賞の土居さん受賞者の方たち

2015/09/07

88クリーンウォークに参加しました

 平成27年8月7日(金)、毎年恒例の「88クリーンウォーク」に、弊社から25名が参加しました。昨年のクリーンウォークは台風の影響で中止でしたが、今年は天気にも恵まれ、朝早く気持ち良い涼しさの中、清掃活動を行うことができました。
 自由コースで、近くの鏡川橋電停から旭駅前交差点までの電車通り沿いや裏道、ソフトウェア団地内等の清掃を行いました。
 普段はあまり意識しない道路も、気をつけて見てみると瓶や空き缶などもたくさん捨てられており、清掃活動を行うことで、ごみに対する一人ひとりの意識や会社として取組みに対する真剣さを考えることができ、今後の生活や仕事に繋がるものを感じました。

88クリーンウォークの写真はこちら

さあ出発ですタバコなどのゴミも・・・清掃活動のようす草の中にも沢山ありました

2015/08/14

第3回・第4回 幹部研修を行いました

 平成27年7月7日(火)と22日(水)に帝国データバンクの吉田さんを講師にお招きし、幹部研修を行いました。今回で3回目、4回目の研修でした。以下は友田課長の感想です。

 今回の研修テーマは、【リーダーのあり方】、【自社のSWOT分析とビジョンの検討】。
 【リーダーのあり方】については、これまでに受講した各種の研修により、大まかなイメージは掴んでいるつもりでしたが、今回は、『楽しそうに仕事をしている』のがリーダーのあるべき姿とのことでした。これには、私も含め幹部一同『・・・』、大いに反省すべき課題となりました。
 【自社のSWOT分析とビジョンの検討】では、2班でのグループディスカッションの後、8人全員が卓球台を囲んでの大討論を行いました。
 SWOT分析では、幹部社員の意識は概ね統一されていることが分かりましたが、やはり8人になると、いろいろな意見が出てくるため、意思統一を図る良い機会となりました。
 自社のビジョン検討では、前回研修と同様に、「売上・利益」、「お客様」、「業務」、「人材・組織」の視点から、当社が進むべき方向を各人が検討し、箇条書きにして一枚の用紙にどんどん貼り付けていきます。ここでも、似た意見もあれば、自分は考えもしなかったような意見も出され、大変勉強になりました。
 結局、今回の研修時間だけでは十分ではないため、次回も引き続き検討を行うこととなりますが、多方向から検討を加えた、すばらしいビジョンが策定できるような気がしてきました!

講師の吉田さん付箋紙で色分けしていきます卓球台を囲んで考え中・・・自社のビジョンを自分たちで検討

 4回目の研修は、前回から2週間後、7月22日に行われました。
 今回の研修テーマは、【自社のSWOT分析とビジョンの検討】、【自部門のSWOT分析とビジョンのとりまとめ】です。
 【自社のSWOT分析とビジョンの検討】は、前回からの引き続きとなりますが、前回検討した資料を上田課長にデータ化して頂いたおかげで、非常に見やすくなり、各視点の繋がりがより鮮明となり、さらにブラッシュアップしていくことができました。この課題は、今回の研修の主題であるため、次回も引き続きブラッシュアップを重ね、全社員が共有できる我が社のビジョンと、具体的な行動指針を目指して検討を進めていく予定です。
 【自部門のSWOT分析とビジョンのとりまとめ】は、宿題として提示された、『第1回研修の後半から第2回研修にかけて検討したビジョンを、自分なりにブラッシュアップしてデータ化し、具体的な行動指針も含めてとりまとめた』ものを持ち寄り、部単位でディスカッションを行いました。
 会社のビジョンを踏まえつつ、自部門のビジョンを展開する必要がありますが、今回は同時作業ということもあり、整合されたビジョンとするのはなかなか難しく、今回も部、課相互のビジョンがうまく関連付いていませんでしたが、ディスカッションの中で、各課の連携、また自分では気付かなかった行動指針や目標などを指摘、確認し合うことで、より現実的なものへと生まれ変わる気づきが多数確認できました。
 そして想定通り、このディスカッションの成果を踏まえ、さらにブラッシュアップすることが次回研修までの宿題となりました・・・

 第3回、第4回研修では、会社、そして自部門のビジョンをブラッシュアップすることが主課題となりました。第1回研修で提示された時にはかなり曖昧なビジョンでしたが、研修を重ねることでより具体的となり、また自部門の現状、部下の現状や、目標、課題などを考える時間も増え、研修の効果を実感できています。

(技術2部技術2課 友田 一志)

研修のようす前回の資料をデータ化SWOT分析のとりまとめ自社の目標、課題は・・・??

2015/07/27

社屋周辺にて測量研修を行いました

 平成27年7月15日(水)社屋周辺において、技術部・若手社員18名を対象に測量研修を行いました。
 普段から、技術部や若手社員に「測量班(調査部調査2課)では、どんな風に測量作業を行っているんですか」とよく聞かれることがありました。今回の研修では、実際に体験してもらい、設計・調査を行う上で少しでもプラスになることを目的として調査部調査2課が主体となり、測量研修を実施しました。
 研修の内容として、基準点測量・現地測量・路線測量を実際に体験してもらいました。普段触れることのない器械(トータルステーション、レベル)の操作に戸惑いが見られましたが、時間が立つごとに操作もスムーズになっていき、作業も早く終わるようになりました。
実際に体験してもらい、質問を聞いていく中で多いと感じたのは、冒頭にもありました「作業の結果は分かっているが、その過程で行うことは何か?」という意見でした。また、測量作業で行う測定方法や測量作業の考え方の認識の違いも見受けられるところもありました。
 作業の多くはどんなことにも言えることですが、「説明だけでは理解できない」こと、そして、分野が違えば結果だけが行き交う場合が多くあります。今回の測量研修で実体験をしてもらうことにより、認識の一致を図れたとともに測量作業への理解が深まったと思う大変有意義な測量研修でした。

(調査部調査2課 谷末 晃)

トータルステーションの説明皆さんにもやってもらいましたこれであってるかな??計測したデータで座標の計算中

2015/07/17

「平成27年度 レクリエーションの日」を開催しました!

 7月3日(金)に「平成27年度 レクリエーションの日」を開催しました。
今年は、兵庫県淡路島の「淡路じゃのひれオートキャンプ場」に行ってきました。
 朝、バスに乗って会社を出発し、何回もトイレ休憩しながら、やっとお昼頃に到着。社員の中にはかなりハイテンションになっている人も・・・。
到着後すぐにコンロのセットや火起こしにとりかかり、準備ができたところで、幹事のあいさつ・乾杯でバーベキュー大会が始まりました。ビールを片手に、牛肉やしし肉、ホルモン、野菜、焼きそばなど、たくさんいただきました。
キャッチボールをしたり、色んな話で盛り上がったり、また社員同士の距離がぎゅっと縮まった一日になりました。

レクリエーションの写真はこちら

いい匂いがしてきましたかんぱーい!!おいしそうなお肉たち焼きそばの達人 藤岡さんとその弟子たち

2015/07/08

平成27年度 社内旅行に行ってきました(in 東北)

 6月26日・27日・28日に社員全員で宮城県と岩手県に社内旅行へ行ってきました。
 一日目は飛行機と東北新幹線「はやぶさ」に乗って仙台に向かい、昼食を伊達の牛たん本舗で、牛たん・麦飯・スープを堪能したあと、午後は仙台市内観光として、青葉城址・伊達政宗像・大崎八幡宮へ行きました。夕方には、秋保温泉 ホテルニュー水戸屋に到着し、ゆっくり温泉を満喫し、夜には社員全員で宴会を楽しみました。
 二日目は中尊寺(金色堂)を見学し、お昼には前沢牛焼き肉・ずんだもち・義経そばをいただきました。午後は石巻市の被災地見学に向かいました。その後は、日本三景の松島・瑞巌寺を見学し、夜は仙台市内の「魚沼釜倉 東北総本店」で宴会を行いました。
 三日目は出発まで自由行動だったため、各自被災地の見学に向かったり、食事やショッピングを楽しみました。
 二泊三日の東北旅行で、仕事の疲れを癒したり、意外な社員の一面を見つけたり、楽しい旅行を思う存分満喫しました。

社内旅行の写真はこちら

大崎八幡宮牛たんんんん!!新入社員による余興(笑点)旅行を満喫しました!

2015/07/02

第1回・第2回 幹部研修を行いました

 平成27年6月8日(月)と25日(木)に帝国データバンクの吉田さんを講師にお招きし、幹部研修を行いました。幹部研修としては、今回が初めてではなく、昨年も「関係構築セミナー」といった研修がありました。ただし、今回は、6回にわたって行われるもので、その中の第1回・第2回を技術1部技術1課の野並課長に感想を書いてもらいました。

<1回目 6月8日>
 まず今回の研修のイメージについて、管理職がとらわれがちな短期的視点にとどまらず、長期的に問題点や行動について考え、自らの使命・役割を見出す説明がありました。
 →確かに、私も人材育成という短期的な視点が多く、会社の将来性について考えてないな~と・・・
 研修の中にマネージャーとリーダーとの違いについて、メンバーと協同で整理を行う作業があり、メンバーそれぞれに異なった認識を持っていることに驚きを覚えつつ、私が一体どちらの役割を担っているのか、改めて考えさせられました。
 最後に会社のビジョンを考える課題が与えられました。これまで、ボヤッとしたイメージしか持っていなかった会社のビジョンについて整理していく中で、私のビジョンがいかに曖昧なものであったか気付かされました。

講師の吉田さんをお招きして話し合いながら作業を行います帝国データバンク吉田さん自分たちの使命・役割とは?

<2回目 6月25日>
 今回の研修がどのような内容だろうかと構えているところに、最初の課題が示されました。それも「高知家のスター」になぞらえて私のスターを発表するというものでした。これまで考えもしないことを考えさせられ、非常に新鮮な感じを覚えました。
 今回も前回からの課題となっていた会社のビジョンについてが主な課題で、「問題」の把握と問題解決のための「戦略」についてグループディスカッションを行い、所属部の現状とビジョンをメンバーの前で発表するのが主な流れ。ここで、新たに得た認識として、ビジョンと現状のギャップ(差)が「問題」だということです。

 まず、現状把握としてSWOT分析を行い、ビジョンを組立てて行うのですが、これが中々難しい。というか普段から考えておくべきことなのでしょう。わたしは、なんとか関連性のあるビジョンをと思い色々考えましたが、何故か抽象的なものになってしまいました。
・・・・・・・・・そして発表です。
 みんな、具体的なビジョンを出してきます。サスガという視点も多く感心です。
 私の番が来ました。恥ずかしながら自分の分析を発表しました。評価は、まずまずで一安心でした。

 第1回、第2回の研修を通じ、いかに明確なビジョンを持ち現状を把握することが大事か、また、その整理を体型だててやる必要がある。ということに気付かされました。こうした認識が部下に対する自信であったり、部下からの信頼に繋がるのだと考え、これからの課題にしていきたいと感じました。

(技術1部技術1課 野並 清人)

面白いテーマですノートがいっぱいです考える野並課長研修のようす

2015/07/02